アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

オジギソウ

普段通らない道に何気なく行くと、オジギソウが群生していました。

オジギソウは少し前までは石垣島では、あちこちで見かける
よくある雑草でした。子供の頃誰もが遊んだかわいい植物♪

葉っぱを触ると葉を閉じて、一斉にお辞儀してくれます。

じつは これもアーユルヴェーダの薬草です。

少し種をもらってきました。

これも森で増やそうと思います。

オジギソウ 学名 Mimosa pudica L
インド名 lajalu

画像の説明

使用方法 全草( 葉,幹,根,葉)を煎じて飲みます。
また、葉は湿布や温湿布として用います。

効能としては  脱毛 発熱,炎症、灼熱感 胃炎,潰瘍,腫れ,
皮膚疾患 はしか 赤痢,下痢 脱肛 不眠症 (冷却作用)

腎機能を助けるものとして尿のトラブル,膀胱結石,黄疸,

咳,喉の痛み,慢性気管支炎,肺感染症,喘息,

鎮痛剤 鎮静剤、制吐剤 関節痛 貧血,高血圧,不眠,

婦人科疾患 月経過多・月経不順,おりもの,母乳を増加,

催淫 インポテンツ

関節痛・筋肉痛に外用としてシップ 。

チンキは血糖を下げるために用いられます。

と、いうことで、とても用途の多い薬草です。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional