アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

ジャラブラフミー

ブラフミーは、北インドではツボクサを、南インドではこちらのオトメアゼナを使うことが多いとアーユルヴェーダのインドの先生に教わりました。またオトメアゼナは水辺に生えるのでジャラブラフミー(水辺のブラフミー)と呼ばれると言うことです。ツボクサは脳神経の活性化以外にも美容効果などが高いため、日本でも知られるようになってきました。しかし、ジャラブラフミーの方が認知、記憶力の改善の点では勝るという説もあります。生で食べるととても苦いですが、お茶としての利用もされているようなので飲んでみました。くせもなく、なかなかいい感じです。ただ粉にしたものでも記憶力改善サプリメントとして販売されてるだけあって、頭がすっきりする実感を得ました。記憶力の向上は自身ではなかなかわからないですが文章を読んだときに頭に入ってくるスピードが上がるので認知能力の向上はしているようです。今後の展開が楽しみなハーブです。

画像の説明

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional