アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

ハイビスカス

ハイビスカス

300 x 200

ハイビスカスの花には様々な効果があって、アーユルヴェーダでも とても大切な花として使われます。

画像の説明

化粧品や頭髪に良いことはとても知られていますが内服することによっても主に血液浄化作用・止血作用・冷却作用・通経作用・鎮痙作用などがあって月経困難や月経過多・排尿痛や膀胱炎・咳・発熱・高血圧・催淫薬などに使われていたそうです。

近年、西洋医学の分野でも研究が進み、
これらのものに対する有効性がどんどん認められています。
また、糖尿病に対しての効果もかなり研究されています。

http://www.zhion.com/herb/Hibiscus.html

ただし気をつけなければいけないのは妊娠中は避けたほうがいいことと、論文には男性の精子の数を減らす作用もあって
避妊のために良いのではないかという研究もありますから、
赤ちゃんを望まれているお父さんにも避けたほうが良さそうです。

南の国の植物には、催淫効果がありながら、
同時に避妊効果が高いものなどが時々あって面白いです?(´・ω・`)。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional