アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

放射能とトゥルシー(ホーリーバジル)その2

放射能とトゥルシー(ホーリーバジル)その2

ホーリーバジル(トゥルシー)の放射能防御システム 

それはかつて、アーユルヴェーダの賢人達が、インド国内において、このハーブを栽培することによって、健康で豊かな国創りをしようとしたものでした。

そして、時が経ち、21世紀に入ると、聖者パパジ師が、「インド古来の最重要神聖薬トゥルシー(ホーリー・バジル)を世界に出す時期が来た。特に、病んだ国に広める。」と宣言されたそうです。

そして日本にもやってきました。
トゥルシー(ホーリーバジル)は伝統的には空気を清め不幸や病を寄せ付けないと信じられインドでは信仰の対象にすらなっています。

では、現代科学、医学的な観点から見たら、どうでしょう?
今日はひとつ、医学論文の要約を訳してみました。

論文の訳のため、正直 読みづらい文章なので(笑)簡潔に結論だけ言えば、マウスを使った実験で、
「マウスにトゥルシーを与えてから放射線に被爆させたらトゥルシーを与えていないグループは染色体異常などのガン化の兆候を示したけど、トゥルシーを与えたグループは速やかに回復した。」

「そのメカニズムはトゥルシーのもつ活性酸素の除去作用と異常をきたした細胞を速やかに代謝する免疫系の強化によるものだ」というものです。

もっと正確に詳しく知りたい方は下の訳をどうぞ♪

マウス骨髄への放射線で誘発された染色体損害に対するトゥルシーの保護作用

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0027510796002084

Protection against radiation-induced chromosome damage in mouse bone marrow by Ocimum sanctum

a Department of Radiobiology, Dr. T.M.A. Pai Research Centre, Kasturba Medical College, Manipal 576 119, India

b College of Pharmacy, Manipal 576 119, India

要約
トゥルシーホーリーバジル)の葉抽出物の放射線防護の効果はエンドポイントとして染色体異常を追跡する事によって、調査された。大人のスイスマウスを、前処理(連続して5日間体重1kgあたり10mgのトゥルシー葉の抽出物を接種)したグループと、していないグループに分けて全身に1~6グレイのガンマー線を曝露しました。
最終接種の30分後に放射を与えた。
中間調査は1、2、7、および14日目の後処理のときに大腿骨骨髄から準備されました。

そしてグループごとに異常の出現頻度と個々の異常が記録された。

トゥルシー(以下OEと表記)だけのグループ(放射線なし)は染色体に少しの異常も現れませんでした。

すべての放射線曝露グループは24時間で細胞異常値の最高値を示した。

異常をきたした細胞の比率は放射(RT)だけのグループもRT+OE(トゥルシー)のグループの両方で放射線量に従った直線的な二次の増加を示した。

また、交換(?)と複数の(ひどく傷つけられた細胞の)異常が類似の反応を示した。

しかしながら、OE+RT(放射線照射)のスロープはRTグループ(p<0.05)よりかなり浅かった。

中略

RTの単独のグループと比べて、OE処理は、より速い回復をもたらした。
以下の被爆量では、OE前処理は、一日で細胞集団からの交換異常をほぼ完全に排除しました。

化学系に関する研究は、OEがヒドロキシル・ラジカルの世代をかなり短縮したのを示しました。
OE(1mg/ml)の投与が5mg/mlより効果的であり、この効果はそれがDMSOによって生産されたより著しかった。

これらの結果は、OEが放射線で誘発された細胞遺伝学的損傷に対する生体内の保護を提供するのを示しています。

活性酸素の排除はトゥルシーのありそうな生体保護メカニズムだ。

誤訳はそっと教えて下さいね(笑)

(ぶらふみぃより注

 はジメチルスルホキシド。ヒドロキシラジカルの消去活性がある。
ヒドロキシラジカルはとても反応性が高い活性酸素。
DNAやタンパク質、脂質などに直接攻撃し損傷を与え、さまざまな疾患を引き起こすと考えられています。

体の約70%は水(H2O)が占めていますが、放射線をあびると水が分解されヒドロキシラジカルを発生します。
しかし、このヒドロキシラジカルは生体内に分解する酵素が存在しません。
&size(17){つまり、ヒドロキシラジカルが発生した場合、生体内には
保護する酵素がないということです。};
そこでスーパーオキサイドとヒドロキシラジカルの消去活性が強い抗酸化物質を補うことは、生体内の活性酸素を取り除き病気や老化の予防に役立つし、放射線から身体を防御するひとつのシステムと考える事ができます。)

このコラムを書いたのは2011年11月。今から一年前です。
以下一部修正しましたが今後も考える上で参考になればという思いで残すことにします。

基本的には免疫力を高める生活を心がけようと私は思っています。

疲れすぎないのも重要。

そして注目した物が拡大するという法則を忘れずにいたいです。

不安と思い、不安な要素を探せばいくらでも見つける事ができます。
また、同時に大丈夫だと思えば安全を確認する要素もいくらでも見つける事ができるでしょう。

どちらも事実だと思うのです。

盲目的に「信じたいように信じればいい」といっているわけではなくて。

「私の心」が「私の現実」を作るので、まず自分がどのような心でいたいのかは知っておいたほうがいいと思うのです。

その上で、聞こえてくる情報の根拠を探りましょう。

何とか大学の何とか先生が言っているからとか、それは情報の「でもと」であっても根拠ではありません。
データを見るように私は心がけています。

・・・この数ヶ月ツイッターやブログを私も沢山見ましたが、
ほとんどといっていいほど多くのものが風聞の域をでず、いたずらに不安と混乱を広げていたように思います。

そんな状態だから、情報の発信を自粛していた方も多かったと思います。

今、日本は危険でも安全でもないと思うのです。

データを見る事で「私がどうするべきか」がわかるだけだと思います。

安全基準を暫定的に設ける事によって、正確な情報を逆に開示しない政策は国民の不安を増大させ、いわゆる「風評」を広げる事につながったというのは指摘されていいでしょう。

そして、私のような専門家でない一般人は、「どこそこに○○というデータがあるけど、それによれば私は△△だと思う」と語るのがいいと思う。

根拠が明らかならば間違いが訂正されるけど、そこが不明確だと
「だって、そうだもん!あんたが知らないんだよ!!」とつまらない諍いの元になりますし、いつまでたっても誤った情報が広がったままです。人の心がすさみます。

東北、北関東のみならず、この震災、原発事故によって本当に日本中の人の心が被災したと思うのです。

「こころ」の復興に向けてもそろそろ情報の瓦礫もかたずけていきたいものです。

お元気にお過ごし下さいね。

トップへ コラム目次へ 商品紹介

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional