アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

ツボクサ

つぼくさ(ゴツコラ) とは
ツボクサ

アーユルヴェーダのハーブです。

 センテラアジアチカインディアンペニーワート雪積草タイガーハーブ ブアボックゴツコラゴッコーラゴトゥコラペガガ そしてブラフミータラペトラカなど沢山の名前をもっています。
世界中でとても大切なハーブとして扱われている証拠といってもいいでしょう。

アーユルヴェーダのハーブ医学―東西融合の薬草治療学 よりツボクサの説明を以下に引用します。(これは、ツボクサがアーユルヴェーダの中で、どのように言われているかを紹介するものであって、もだま工房のツボクサ茶の効果を保証するというものではありません。)

 「ツボクサ(ゴツコラ)は、もともとインドのハーブで、アーユルヴェーダの
薬の中で最も重要な若返りのハーブです。
主に神経と脳細胞を活性化するハーブです。

 知性を高め長寿を促し記憶力を増し老化や老衰を遅らせ
ます。免疫機能を高め体内を浄化し栄養を補給し、副腎を
強めます。同時に、血液を浄化し、湿疹や疥癬だけでなく、
ハンセン氏病や梅毒などの慢性の皮膚病にも特効があります。

 ツボクサ(ゴツコラ)はピッタに対して強壮作用と若返り作用があります。
同時にヴァータを抑え、神経を静め、余分なカパを減らします。

おそらくすべてのハーブの中で霊性とサットヴァの性質が最も
高いハーブです。

画像の説明
ヒマラヤ山中によく見られ、ヨーガ行者の
瞑想のための食物です

クラウン・チャクラ(第7のチャクラ)を
目覚まし、右脳と左脳のバランスを整えます。瞑想の前に
ツボクサ・ティーをカップ一杯飲むとよいでしょう。牛乳を用いた
煎出液は、よい神経強壮剤です。粉末は外用のペーストとして
慢性の皮膚病に用いられます。バジルと黒コショウを一緒に
調合すると発熱に効果があります。若返り剤としては、
ギーで調合するのが最良です。
ブラーミー・ギーは、どの家庭でも常備すべき、精神の活力剤です。

以上引用

もだま工房のつぼくさパウダーは酵素を壊さない42度の低温乾燥ですのでローフードとしてもご利用いただけます。

コラムツボクサについてのあれこれ) つぼくさ茶誕生秘話 商品紹介 注文する 

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional