アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

ツボクサと記憶力に関するお話

ツボクサゴツコラ ブラフミー)について

ゴツコラについては論文も沢山書かれています。

ツボクサを与えたら記憶や学習に必要な脳神経細胞がとても成長したという実験報告を以下に紹介します。

「成長期のラットへツボクサの葉のジュースを与えると
偏頭神経細胞の樹状突起の分岐を促進する。」

Enhancement of Amygdaloid Neuronal Dendritic Arborization by Fresh Leaf Juice of Centella asiatica (Linn) During Growth Spurt Period in Rats

要約は

ツボクサ(ゴツコラ)(CeA)はインドの湿地と他のアジアの地域に育つ、地這系のハーブです。
アーユルヴェーダの医学体系では記憶の増強にツボクサ(ゴツコラ)の葉を使用します。
  ここで、私たちは成長期のラットで、学習とメモリに関する
領域の1つである偏桃核ニューロンの樹状形態をツボクサ(ゴツコラ)の葉のジュースを
与えて変化を調べました。
  この研究はうまれたてのラットをつかって行いました。
子ネズミ(生後7日間目)を、2、4、6週の間、ツボクサ(ゴツコラ)の新鮮葉ジュースを
体重比2、4、6ミリリットル/kg与えるグループに分け比較実験をしました。
  処理の期間の後にネズミは殺されて、脳は取り外して、
へん桃核ニューロンは、
硝酸銀に(ゴルジ染色)含浸させました。
  へん桃核ニューロンは、樹枝状の分岐や長さを
たどることで定量化されました。
これらのデータはそれぞれ年齢をあわせた無処理の
ラットと比較対照されました。
  結果は、より長い間の期間(すなわち、4と6週間)に
体重比でツボクサ(ゴツコラ)ジュースを多く与えた物について
(体重/日が4と6ミリリットル/kg)でへん桃核ニューロンの
樹枝状の長さと分岐について、かなりの増加に示しました。

 私たちは、ツボクサ(ゴツコラ)葉ジュースの中に
含まれる有効成分にはニューロンの樹枝状の成長に顕著な
特性があると結論を下します。

 したがってツボクサ(ゴツコラ)の有効成分はストレス下や
他の神経変性の障害や記憶障害でニューロンの樹状突起の
成長を高めることに使うことが出来ます。

(訳が間違っていたら、そっと教えて下さいね)

リンク先にはその神経の成長具合の画像が出ていますので
興味のある方は見に行って下さいね。
もっと詳しく知りたい方もどうぞ。

ということで、5000年前からアーユルヴェーダで
記憶力の向上に役立つと言われていたツボクサ(ゴツコラ)
科学的にはラットの記憶力をつかさどる脳神経の成長に
おいて実証されたという論文です。

すごいね、インド人。はるか大昔に
どうしてそんなこと分かったんだろ?

伝承では神様から教わったということだけど、
本当にそうとしか思えない(笑)

ツボクサ(ゴツコラ)ブラフミーの語源がインドの創造神ブラフマンから出ており、その意味は「ブラフマンの知恵を助けるもの」というのがすごいですね。

つぼくさ茶  商品紹介

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional