アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

トゥルシーと妊娠について

トゥルシーと妊娠について

トゥルシーについて、こんな質問をいただきました。トゥルシー好きの皆さんにも参考になれば幸いです♪
以下 転載

もだま工房様

はじめまして。友人にトゥルシーを勧められ、もだま工房様で何度か購入させて頂き、毎日おいしく飲んでいます。PMS対策で飲み始めたのですが、少しずつ効果もある気がしています。ありがとうございます。

ひとつ質問させてください。
トゥルシーについて調べていたら、下のホームページに受精機能を低下させる効能もあると書かれていましたが、事実なのでしょうか?
これから子供も持ちたいと思っているので、パートナーに飲ませていいものか気掛かりです。
女性も飲み過ぎない方がいいのでしょうか?
http://www4.ocn.ne.jp/~imaginal/newpage25.html

お忙しいところ恐れ入りますが、ご存知でしたらご回答をお願い致します。

もだま工房からのお返事

トゥルシーをご愛用くださりありがとうございます。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、こういうことが報告されています。

質問の件についてですが、、男性用避妊薬をさがす動物実験で
トゥルシーはテストステロン(男性ホルモン)レベルを
増加させながら逆に精子数を減少させることが観察され
今後、トゥルシーを使った男性用避妊薬の開発の可能性を示唆する報告があります。

この実験では生のトゥルシーを毎日30日間ウサギに与え続けて観察されています。
また、エタノールで抽出したエキスをラットに注射して観察した実験もあります。

いずれも精子数の減少が見られたと報告されています。

同じことが人間に対してもおきるのか、また、どのくらいの量ならどのくらいの効果
があるのかなどは、正確にはわかっていません。

ですが、精子数が減少する可能性はあると思います。

この実験では、実験のため比較したコントロール群ではdlあたり、約1億6千万の精子がいたがトゥルシーを与えたグループでは約1億1千万に減少したとなっています。

この数字が実際の受精にどのくらいの影響を与えるのかは、わかりません。

参照

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3059441/

http://examine.com/supplements/Holy+Basil/

余談ですがアーユルヴェーダで使われるハーブでは
女性の生殖器に対してとても優れた
効果があるものとしてシャタバリというのがあります。 

ご存知かもしれませんが、シャタバリというのは直訳すると
「100人の夫を持つ」という意味で、それくらい女性が元気になるハーブです。

このハーブが男性に対しては精子の量を増加させるものとして、
マカやアシュワガンダとともに妊娠を望まれる方に好まれているようです。

また、トゥルシーの女性に対する妊娠への影響ですが、避妊的効果があるという話は私はきいたことはありません。

また妊娠中の服用は伝統医学的には、好ましいとされていますが、現代医学的には臨床のデータが不足しているのでわかっていません。

わかっていませんので、妊娠授乳中は一般のハーブと同じように避けるのが好ましいとされています。

私が思うには、ハーブティーとして召しあがっていただくには、
なんら問題はないと思いますが、トゥルシーは血流にも影響を与えますので
妊娠初期には避けたほうが無難だと思います。

ついでに、トルシーの投与によってテストステロンのレベルが
非常に上昇していることについて、論文では軽く触れられていますが
これはこういうことを示唆します。

http://currentdiary.seesaa.net/article/378010053.html

ご参考になりましたら幸いです。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional