アーユルヴェーダ国産ハーブ トゥルシー(ホーリーバジル)・ツボクサ・シャタバリ・バコパ・長命草・モリンガ・月桃・薄荷茶・センシンレン など

(月経前症候群)とトゥルシー(ホーリーバジル)

(月経前症候群)とトゥルシー(ホーリーバジル)

PMSの症状はコルチゾールを低くするハーブ、トゥルシーで改善される。

海外からのサイトの情報です。
以下に前半部を翻訳しましたが、簡単にいえばホーリーバジルによって、PMSの精神的な症状が軽減できるというお話です。
参考になれば幸いです。

Mar 30, 2011 2011年3月30日 Laura Owens ローラオーウェン

アダプトゲンハーブ、トゥルシー(ホーリーバジル)によって軽減するPMSの症状 -pmsingblog.com

コルチゾール上昇は、PMSのいくつかの症状を悪化させます。

トゥルシー、(ホーリーバジル)は、コルチゾールレベルを下げることによって、体がストレスに適応し対処することができるように助けます。

何百万もの女性が毎月、月経前の多くの症状で苦しむ一方で、自然な方法で、症状を軽減することも可能です。

古代より崇拝されるハーブ、トゥルシーは、アダプトゲの特質を持ち体内のコルチゾールのレベルを下げることができるので、PMSに関連付けられている感情的ストレスのいくつかを軽減することができます。

PMSの正確な原因と治療には分かりにくいままである

国立疾病管理センターにある女性健康情報センターは、女性の30-40%が月経前症候群(PMS)のために日常活動での障害を経験し、75%の人がいくつもの症状を経験、3-8%が月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれる重度の月経前の症状を持っていると示している。

まだPMSやPMDDを引き起こす正確な原因や、最も効果的な治療はわかっていませんが主な原因としては女性の生理機能全体の本質的な基盤の変動と考えられるでしょう。

自然療法医トーリハドソン博士は、彼女のウェブサイで: "それは正常な生理機能と大きく重なり合い、多くの影響を与え合っているので、原因を特定することは困難であると述べています。
多くの理論により探求されていますが、どれも完全に満足できる発見ではありません。 それは生理学的および社会的要因のようなものが複雑な相互作用をもって関係しているからです。"

PMSの症状は、毎月女性によって変化するし劇的に変えることもできる。

しかし一般的には、女性は肉体的および感情的な様々な変化を経験しています。

それは肉体的には 

にきび・膨満感・tender breasts・大食症 ・エネルギーの不足・ 頭痛・腰痛・痙攣

感情と認知的には

悲しい怒り・または不安を感じる・緊張感のなさ・仕事への集中力の欠如・周囲への無関心・攻撃的、または敵対的な態度などです。

PMSにPMDDに影響すると考えられる多くの要因があります。

それは、ビタミンB6、カルシウム 、マグネシウムの摂取の欠乏、運動不足、多すぎるカフェイン、エストロゲン優位の症状に貢献するホルモンの変化、およびセロトニンのレベルの低下のような神経伝達物質の不均衡などです。 

ストレスも症状を悪化させます。

まだ完全に理解されてはいませんが、PMSとストレスの根本的な関係は、おそらくの女性のストレス調節フィードバックシステムの違いに関連しています。

トップへ コラム目次へ

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional